焼きなす

夏から秋にかけて多く出回るなす。皮を剥いてしまう焼きなすは、柔らかく、離乳食にもってこいです。

 

材料

なす            1本
かつをぶし                         2つまみ
だし醤油                             小さじ1/2程度

道具

包丁
まな板
ボール

作り方

  1. なすを洗う
  2. グリルにいれ、30秒ほど強火で、その後は中火以下の火加減で焼く。
    焼き時間はなすの大きさやグリルの火力によっても異なります。
    茄子の表面が破裂しだしたら弱火で1分ほど焼きます。
  3. グリルから取り出し、ヘタを落とし熱いうちに手で皮をはぐ。
  4. はぎ終わったら手でヘタ側から6~8本くらいに割く。
  5. 冷えるまで待ち、ふたつきの容器に入れて冷蔵庫で冷やす。
  6. 食べる直前にかつをぶし、だし醤油とまぜ、子どもの一口サイズに合わせて切る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です