マーボ茄子

我が家では、残したことがないメニューの一つです。
茄子は鶏出汁で煮込むので、きれいな紫色は期待できません。
子ども用は辛みをつけられないので、別のフライパンを使って調理します。
2品作っているようなイメージです。

 

子ども1人+大人2人分の分量です。

材料

豚切ひき肉              100g
茄子                                    中5本
ねぎ                                    半本
おろししょうが               大さじ1
おろしにんにく               ひとかけ
ドウチ                                大さじ1弱
豆板醤                                大さじ1
甜面醤                                大さじ1
酒                                         大さじ1/2
しょうゆ                             大さじ1/2
水溶き片栗粉
    片栗粉                              小さじ1
水             大さじ2

道具

包丁
まな板
フライパン 大小1つずつ
木べら、もしくは菜箸2組

作り方

  1. 茄子を乱切りにし、2分ほど酢水にさらす。
  2. ねぎをみじん切りにする。
    切り離さないように注意して縦方向に5回ほど包丁をいれ、横方向に細かく刻む。
  3. しょうが、にんにくは皮を剥いてすりおろす。
  4. 大フライパンにひき肉を入れ、強火で透明になるまで炒める。
  5. 2.のねぎ半量、しょうが、にんにく、ドウチ、甜面醤を入れて香りが立ってくるまで炒める。
  6. 小フライパンにお肉の1/5程度を移す。
    木べら、菜箸は、ここから小フライパンと大フライパンでわける。小フライパンに辛みが付かないように注意する。
  7. 大フライパンに豆板醤を入れ、炒める。
  8. 小フライパンに茄子7~8切れ、大フライパンに残りの茄子を加え軽く炒める。
  9. 大フライパンに水150CC、鶏がらスープの素小さじ1弱を、小フライパンに水50CC、鶏がらスープの素小さじ1/4弱をそれぞれ加え、強火で沸騰させる。
  10. 沸騰後はどちらも弱火にし、ときどき混ぜながら茄子に火を通す。
    蓋があればふたをしたほうが早く済みます。
  11. 茄子に火が通ったら残りのねぎを大フライパン、小フライパンにそれぞれ加える。
  12. 大フライパンに酒、しょうゆ小さじ1強、小フライパンに小さじ1/2弱をそれぞれのフライパンにふる。
  13. 火を止め、水溶き片栗粉の3/4を大フライパンに、1/4を小フライパンに回し入れてそれぞれゆっくり混ぜる。
  14. それぞれのフライパンを弱火にかけて混ぜながら沸騰させる。
  15. 子どもの租借レベルに合わせて茄子を刻む
    くったりと柔らかく仕上がるので、後期以降はスプーンで切りながら口に運んでも食べることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です