大根

選び方

葉がついている場合は、葉が生き生きしているものを。
葉がついている時点で抜いてから時間がたっていない証拠でもあるが、とにかく生き生きしているものがよい。
白い部分は、根の位置が等間隔に近く直線的であるものがよい。
根の位置がねじれていたり、めが詰まっていたりした部分があるものは土の中でストレスを受けている可能性が高いので。

 

保存方法

葉の部分は買ったらすぐに根の付け根で切り離す。
葉がついているうちは、根は葉の成長を助けようとして自身の栄養を使ってしまうためだ。
葉は日光に1日干して新聞紙にくるんでおくと2、3日は保存できるが、ゆでてから冷凍保存しておくこともできる。
根は新聞にくるんでビニールに入れ、野菜室で保存。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です